ご利用ガイド マイページ

【咲き続ける花】カーネーション

うすうすその生命力には気がついていたものの、初めて実感したのは母の日にお届けしたカーネーションが「1ヶ月も咲き続けました」というメールを頂いた時でした。

私がお花の勉強をしたフランスではカーネーションは縁起の悪い花だそうで全く使かった事がなかったので、初めて本格的に販売したのが母の日でした。

いろんなお花を試すこと1年、はなてがみの郵送という過酷な発送条件や、一輪としての華やかさを考えるとカーネーションが一番合っているように気がついてきました。

お届けしてからも長く楽しめる花、というのも大きなポイントです。ちなみに上写真のグリーンは市場で買ってから3週間、ピンクは1週間も経過しています。

品種も色も豊富です。

仕入れるのはどうも私の好みで渋い色が多いですが、明るい華やかな色もたくさん。黒以外はおそらくあるんじゃないかと思います。だから市場では目移りして大変!

こちらはちょっと珍しい紫色のカーネション「ムーンダスト」。母の日やここぞというときに使います。

というのは普通のカーネションのだいたい5倍くらいの高級品!

グッドデザイン賞を受賞した、話題性のあるお花で、花言葉は「永遠の幸福」

そして下はレリシアさんのハート型のカーネション。

4本で1組になっているそう。レリシアさんはツイッターのアイコンがこのカーネーションだったので、ず〜っと気になっていたのですが、販売を開始されたようです。(画像提供:はなどんやアソシエ)

このハート型はまだ見たことがないのですが、新宿の花屋さんでレリシアさんの巨大なカーネーションを見て、一瞬のうちに目を奪われました。カーネーションがダリアや芍薬のようでした。

カーネーション=母の日というイメージがとっても強いですが、固定概念を吹っ飛ばせば、こんなに長く楽しめるコスパの高い花はなかなかないです。近所の花屋さんにも一年中ありますし。

生花は枯れてなくなるので倦厭される方も多いですが、カーネーションなら1ヶ月近く楽しめますよ!