ご利用ガイド マイページ

はなささら舞台裏ブログ

「はな旅」パリが復活しました

2012年8月29日(水) by Emi AZUMA

新作の都市バンコクやスイスが加わり、お休みをしていたパリですが、再登場しました。

世界遺産エッフェル塔の前に広がるシャン・ド・マルス公園に幸せの青い鳥が降りたった、この公園に咲くお花をイメージしています。

この記事の続きを読む >>

ワイン三昧やざわ流パリ旅行記

2012年4月13日(金) by Emi AZUMA

 

はな旅」でパリをモチーフにしたので、今回は事務おばさんが、家族で旅したパリの思い出話を。

約3年前、店長がパリ修行中だったので一人暮らしの様子を見に行く&パリガイドをしてもらう&私達の新婚旅行も兼ねちゃえ!ということで、両親、私、旦那とよくわからないメンバーで春のフランスへ飛びました。

この記事の続きを読む >>

教えて下さい!お花の飾り方

2011年11月29日(火) by Emi AZUMA

先日「花のソムリエ」をいつもご利用頂いているお客様からの質問でした。「お花の飾り方を教えて下さい!!」

う〜ん、さてはて「このお花にこれを合わせるといいかな」とかいろいろ考えてみても「好みもあるし、必ずそのお花が手に入るわけでもないし・・・」とかれこれ考えて1週間。やっとブログを書くに至りました。

写真は、以前のレッスン「花瓶に飾る自宅のお花」での一コマ。いろいろな花瓶での飾り方のデモの後にお話したのは、「何と何を組み合わせたらいいか・・・」と思い悩まず、好きなお花を1種類でボンと飾るのもいいですよ〜、ということ。

この記事の続きを読む >>

は〜やくこい!!牡蠣の季節

2011年11月1日(火) by Emi AZUMA

今日は無類の牡蠣好きな店長がパリの牡蠣事情をご紹介します。

とはいえ、牡蠣が好きというだけで全く詳しいわけではないので、ただの牡蠣自慢です!

こうして書いている間もまた牡蠣が食べたくなってきた食いしん坊の私は、牡蠣屋さんから100個単位で買い求めた牡蠣を一晩に30個近くを一人で平らげていた、恐ろしい胃袋の持ち主でもあります。

この記事の続きを読む >>

パリの自宅での撮影風景

2010年7月19日(月) by Emi AZUMA

うちの1階には、ちょうどいい中庭があったので、こちらで撮影会です。

こちらが完成した大作「アマリリスの投げ入れ」です。このあと、アマリリスが満開になって、さらに美しい作品になりました。

パリの師匠ヤニックの優しくも鋭い講評タイム

2010年7月18日(日) by Emi AZUMA

完成した「アマリリス」の投げ入れにヤニックが講評してくれます。顔は厳しいですが、いい点をすごく褒めてくれて、伸ばしてくれる素敵な先生ヤニックです。

私は大きいだけあって、力強い大きな作品もすんなりと作られると褒めてくださいました。

最後に写真を撮って、さて、この大作を自宅まで持って帰るのが最後の難関。

パリの師匠ヤニックのレッスン風景

2010年7月17日(土) by Emi AZUMA

アマリリスがメインの大きな作品を作りたいというリクエストで、スタートしたアマリリスのレッスン。

最初にヤニックがお手本を見せてくれて、それから自分の好きなように作り始めます。

アマリリスの茎は空洞に近い状態なので、まずアマリリスの茎に下から適当な枝を挿し込みます。

お茶で休憩をしながらのゆったり2時間レッスン。

ヤニックが真後ろで見守っているので、ちょっと緊張します・・・ヤニックとコラボしている金本さんが通訳をしてくださるので、フランス語が話せなくても大丈夫です。ヤニックは英語も話すので、コミュニケーションには困りません。

アマリリス、風船唐ワタ、アンスリウムの花と葉っぱ、マロニエの枝、アレカヤシなどなど。

1つ1つの花材がかなり大きいので、とっても大きな作品になりました!

マロニエはフランスの街路樹。ヤニックに「切ってきたの?」と聞いたら、「ランジス(市場)で買ったよ〜」と言われました。

お花のレッスンに向かう道すがら(パリ)から

2010年7月16日(金) by Emi AZUMA

レッスンと思いきや、家から出発するところから、臨場感たっぷりにレポートします。パリ11区のとある屋根裏部屋から。

目の前がメトロ3番線のparmentier (パルモンチエ)です。

ヤニックのお店がある6区サンジェルマンまで、約20分のメトロ旅です。

初夏のパリ式ピクニック 穴場の公園!

2010年5月25日(火) by Emi AZUMA

私が住んでいたパリ11区のparmentierの北には下町のベルヴィルがあります。その更に北の19区には、Buttes Chaumont(ビュットショーモン)という大きな大きな公園があります。山あり、谷あり、起伏に富んだおもしろい公園です。吊り橋や、(私は行かなかったですが)鍾乳洞まで!元は石切場だったここは、パリ万博の1867年に出来たというからすごい歴史。ちなみに無料のwifiスポットも5カ所あるそう。この公園の空からの写真はこちら

モロッコで買ってきた、かごバッグにワインとブランケットとごはんとグラスにワインオープナーにフォークに・・・とたくさん詰め込んでピクニックに出かけます。写真は、ちょうど1年前の20時頃でしょうか。仕事を終えて、散歩やピクニックをしている人たちがそこかしこに!レストランは、税金が結構高いので(下がったようですが・・・)、特に若い人たちはお酒や食べ物を持ち寄って、夜まで外でピクニックです。大人数で騒ぐもよし、2人で愛を語らうもよし、読書に耽るもよし、熱唱するもよし!

日が長くていい季節ですね。たとえチケット代が高くても、ぜ〜ったいに夏がおすすめです。こんな明るい夜が22時頃まで続くから、寝ている時間なんてなくて毎日遊んじゃいます。パリのこんな眺めはYael Naimの曲がとっても似合います!

Video not available

パリVARDAのラッピング

2010年4月8日(木) by Emi AZUMA

ヤニックに引き続き、パリのVARDAというお花屋さんのラッピングです。

VARDAはホテルリッツの花装飾もされているお店です。VARDAでは、日本人フローリスト斉藤由美さんと1対1のレッスンを受けました。店番をしつつ、お茶をいただきながら、のんびりとしたレッスンでした。

ラッピングは、漆黒の店内のような黒い上質紙の内側に濃いめのピンクの薄紙で、仕上げにアイビーをはさんで。


ピンクのラナンキュラスとアネモネを緑のビバーナムとヘデラベリーが引きたてる色合いのラウンドブーケに仕上がりました。店内を使って撮影もしてみました。