ご利用ガイド マイページ

はなささら舞台裏ブログ

「母を泣かせる」花束を企画中、プロの代筆サービス付き ?!

2010年3月30日(火) by Emi AZUMA

母の日ラインナップ発表に向けて、追い込みを向かえる当店ですが、もうひとつ企画中の案をご紹介します。

試作品をお見せしたブーケですが、実は「母を泣かせる花束」として発売する予定なのです。

よく考えてみると、お花を贈ること自体は目的ではなくて、貰ったお母さんを喜ばせることが目的なんですよね。自分の子供からの気遣いに喜んで頂くということが大切。極端に言えば、お花じゃなくてもいいし、プレゼントじゃなくて一通の手紙でも良いと思います。

そんなことを考えながら、知り合いに雑誌に書いたりするライターがいるものでして、お母さんへの手紙を代筆するサービスをお付けすることを計画中!

記憶に残っているお母さんとの思い出や、感謝したいことなど、注文時に簡単に知らせて頂いて、あとはプロが下書きしてくれるというサービスです。

豪華な花束と、自分じゃ照れて書けないちょっと臭い内容のお手紙。全国のお母さんたちにホロリとなって頂けるようにもう少々案を磨いています。

日頃、別の意味でお母さんを「泣かせている」みなさま、このへんで親孝行と参りましょう。

★「母を泣かせるアイデア」募集 ★ どうしたらお母さんが泣ける花束になるのか、皆さんのご意見を募集します!花束そのもの、付属するおまけ、サプライズ要素などなど、ぜひお聞かせください。締切は明日3/31まで。Twitterで@hanasasaraか、メールでmail@hanasasara.comまでどうぞ

「自作花束キット」でプロ気分、お母さんホロリ

2010年3月29日(月) by Emi AZUMA

完成品の母の日用花束を先日ご紹介しましたが、実は、同じ花と材料の組み合わせで「自作できるキット」の販売も予定しています。

母の日はお母さんを喜ばせる日ですから、バレンタインに自分でチョコレートを作る感覚で、買ってくるだけでなく時間をかければ、お母さんはますますよろこぶのではないかと思い、企画してみました。

お花が大好きなお母さんには、キットのままでお届けして、楽しんでもらうのも嬉しいかもしれませんね。

自作花束キットは、ネットではチラホラとあるようなのですが、花を数種類セットにして届けるだけというちょっと寂しいものばかり…。

詳しくは正式発売時にお知らせしますが、店頭では手に入りにくいなんとも立派でお高い花たちだけでなく、レターセットやリボン、包装紙など、プロのお花屋さんばりに花束を作るのに必要な材料はすべてセットしました。

そしてそして、初心者も大丈夫!作り方の解説ビデオも簡単にですが撮影しましたので、それをご覧頂きながら自分流にアレンジして作れます。

花束というよりも、プロ流花束を学ぶお花の教室といった感じかもしれませんね。お母さんをハッピーにしながら、自分もお花の勉強になるという、ありそうでなかった、こんなお花の企画商品はいかがですか?

(完成品サンプルを「わけあり商品」として今日までこちらで販売していますので、お時間があれば見てみてください)

母の日の新作ブーケ舞台裏 & わけあり販売

2010年3月27日(土) by Emi AZUMA

今日は、丸一日をかけて、母の日のための新作ブーケの試作と撮影をして、へとへとです!

その風景を少しだけご紹介します。新作デザインの詳しい完成写真は、試作品販売のページでご覧ください。

試作用にお花を多めに仕入れましたので、完成形のブーケを定価5,800円の半額で、次の数日間だけ、わけあり商品として販売いたします。先着順ですので、急いでこちらのページをご覧ください!

試作用に様々な種類のお花を仕入れました。朝一で各地から到着した花を、ずらっと並べて案を練ります。

「エレガント」をコンセプトにしたブーケは、先日もブログでご紹介した紫のカーネーション「ムーンダスト」をアクセントに使用。

もうひとつの「ロマンティック」ブーケは、乙女心を忘れていないお母さまに贈る赤とピンクのブーケです。アクセントには、母の日の定番の真っ赤なカーネーション。

母の日ラインナップは、4月上旬に発表・予約を開始します。当店のモットーである「ちょっと変わった」工夫を凝らした花の贈り物企画を準備していますので、綺麗なだけではない仕掛けに、ご期待ください!

サンプルじゃなくて太っ腹な見本帖。越前和紙。

2010年3月25日(木) by Emi AZUMA

東京ギフトショーのブースで拝見した、福井の越前和紙があまりにもきれいで、お花のラッピングにぜひ使いたいと、清水和紙株式会社さんに和紙を送っていただきました。

サンプルをということでしたが、先日すばらしい見本帳が届きました。

私が好きな柄。

美しい、そして和紙の質感と色合いが大好きです。

和のお花と和紙を組み合わせた贈り物、なんだか粋な贈り物作ってみたいです。

パリの胃袋「ランジス市場」・野菜果物館編

2010年3月24日(水) by Emi AZUMA

ほんのり暖かな雰囲気の野菜果物館。

実際、お肉館の冷蔵庫のような温度のなかで冷え切った体がほっこりしました。

お店やパッケージの配色がきれい。果物がきれいに見える色を箱やお店にも自然に取り入れているのでしょうね。

fraise(フレーズ)大量のイチゴ!!

radis(ラディ)これをよく塩味の漬け物にしてました

tomate 枝付きでかわいい!!

ついでに巨大エシレバター。この大きさは、さすがフランス。お値段が気になるところ。

味噌樽みたい。

次はお楽しみのお花館。

つづく

はなささらツイッター

2010年3月23日(火) by Emi AZUMA

1年前頃から始めたtwitter(ツイッター)

始めた頃はparisのEmi Yazawaでしたが、この冬からはなささらのEmi Yazawaとして再スタートを切りました。

ブログでは書かない些細なこともつぶやいていますので、よかったらのぞいてみてください。

このところはラッピングと過剰包装について熱くつぶやいています!

お花業界の方々ともどんどん繋がっていって、全国各地のお花屋さんと意見交換をしています。

ツイッターは輪が広がって行きやすいおもしろいツールですね。

パリ式ピクニック!

2010年3月23日(火) by Emi AZUMA

3連休はパリ式ピクニック。

なにがパリ式って!?お外でご飯を食べつつ、ワインで盛り上がるのがパリ式です(独断!)

最近のお気に入り、ヨナヨナエール(このサイトかなり面白いです)とパンを片手にちょっと空いている国分寺の公園へ気分転換に出掛けました。

小さい頃、野に咲くこんなお花が大好きで、よく公園で摘んで自分の花瓶(ドラミちゃんのふりかけの瓶!)に生けていたな、とふと思い出したりもしました。

お鷹の道を抜け、三菱財閥の岩崎別邸跡の殿ヶ谷戸庭園へ。斜面を生かした眺めのいい庭園でした。

日本庭園ってやっぱり美しいし、落ち着きます。

パリの胃袋「ランジス市場」・お肉館編

2010年3月22日(月) by Emi AZUMA

さあて、まだまだ夜明け前。

お魚館からバス移動して、PAVILLON DE LA TRIPERIE(臓物館)へようこそ。

立派な牛タンと豚足!(写真をクリックすると大きくなります)

実は結構好きなのですが・・・真っ白。

こんな逆さまの牛さんたちがが50mくらい、ずーっと続きます。

フランス語で丁寧に説明もしてくださるのですが、体育館のような建物の中全体が冷蔵庫の温度の上、前夜完徹で向かったのであまりの眠気で気を失いそうになっていました。

続いて、鳩さんのコーナーへ。

凛々しいお顔付きですよ。正真正銘、これなら間違えようがありません。

さあて次は野菜・果物館へ。

最後は待ちに待ったお花館です。

つづく

パリの胃袋「ランジス市場」・お魚館編

2010年3月19日(金) by Emi AZUMA

昨年の春、友達(おやつとビスケットの研究をしていて、あまりに詳しいので”博士”と呼んでいる友達)と2人、月に一度開催のランジス市場の見学ツアーに参加してきました。ランジス市場は、パリの郊外に位置する世界最大級(モナコサイズ!)の市場。フランス人の胃袋の大きさには正直、度肝を抜かれました。

前夜は寝ずにがんばって、メトロが始まる前の朝4時に深夜バスで自宅を出発。5:00にパリ南の Denfert Rochereau 駅発のバスに乗って郊外のランジス市場へ。世界最大級という規模とお花以外のものも見てみたかったので、このツアーに参加しました。朝食付きでお一人€65。ワクワクの見学ツアーがこんなに過酷とは・・・まだ知る由もなし。

写真のようなペラペラの白衣と変な帽子をかぶって、フランス人のおじさま、おばさまに混ざって博士と私も出発!ちなみに左側にちょこっと写ってますが、案内係の恰幅がいいお姉さんはなぜかテンガロンハット。

5:30スタートで外はまだ夜も明けてないのに、一番最初に訪れたお魚館はもうほぼ終了。なんと朝2時オープンで、7時にはクローズとのこと。パリでは見かけない早起きで働き者のフランス人はきっと皆ここに集まっているのでしょう。

エビが透き通っていてすごく美味しそうでした。

===============

次は壮絶なお肉館へ。

かなり肉肉しいグロテスクな光景なので、苦手な方はご遠慮を。

つづく

全国に向かって発送中!

2010年3月17日(水) by Emi AZUMA

じゃじゃーん!!仕事場の壁です。

今までにお届けした街にシールを貼っていっています。金色なので見にくいのですが・・・どんどん増えて行くのが楽しくて。

年末に家電量販店でいただいた、カレンダー付きの懐かしの地図を切り抜き製作しました。

東京周辺と大阪周辺が圧倒的に多いのですが、昨晩「四国行きたいな〜!」と言っていたら、なんと今朝早く徳島からのオーダーが舞い込み、今日早速発送しました。

残すは、沖縄!

なんと実は今日沖縄へのオーダーが来ました。明日沖縄に発送です。