ご利用ガイド マイページ

はなささら舞台裏ブログ

【写真でつづる最近の はなささら 1】始めたばかりの直売店がグラグラ揺れたあの日

2011年3月31日(木) by Emi AZUMA

期待と夢がふくらむ、アトリエ 兼 直売店をオープンしたのは、3月の始めでした。

それから地震があったり、地元のお客さまがたくさん来て下さるようになったりして2倍の忙しさになってしまい、しばらくブログがのんびり更新でしたね。

実は、写真だけは、うちのデザイナーがたくさん撮っていますので、数回にわたっていろいろ載せてみたいと思います。

最初は、直売店をオープンしてから数日後に起こってしまった地震の日の様子から。あれからもう3週間も経ってしまったなんて信じられませんね・・・。

この記事の続きを読む >>

花市場が涙の大暴落で、仕入れは「40種類」!これを機に宅急便商品ぜんぶ復活

2011年3月22日(火) by Emi AZUMA

雨の月曜日。市場に向かいました。

宅急便に遅れが出ているため、ネット商品はすべてお休みでしたから、オープンしたばかりの直売所で近所の皆さんに売る花を仕入れるべく。

・・・すると、なぜか、ほとんどの花が通常の3〜7割も安い相場!理由はわからないまま、次から次へと花を買い、気がついたら「40種類」も車に積み込みました。

この記事の続きを読む >>

当店の販売・発送状況のお知らせ

2011年3月14日(月) by Emi AZUMA

お客様各位

はなささらの矢澤です。今までに体験したことのない大地震から3日が経過しました。災害に遭われた皆さまには心からのお見舞いを申し上げます。

郵便や宅配便を利用する当店では、現在、商品の発送が困難な状況です。特に生花の商品は、少しのお届けの遅れでも鮮度に問題が起きますので、新たなご注文の受付を停止しております。

再開の見込みが立ち次第、ウェブサイトやツイッターでお知らせいたしますので、しばらくご辛抱ください。

【はなてがみ、はなてがみ+】郵便でお届けの商品

*販売を再開いたしました*

生活に必要な郵便物配送の妨げにならないよう、全地域への発送を控えています。

生花の郵送には数日分の水と栄養だけを装着しておらず、配送の遅れで鮮度が大きな影響を受けますので、郵便事情が安定するまでしばらくお休みします。

ご注文済みのお客様におかれましては、メールでもご案内しましたが、キャンセル以外のものを3/22に発送をする予定です。

【パリの夜、ワインブーケ、花束、アレンジメント】宅急便発送の商品

*販売を再開いたしました*

被災地以外の地域への宅急便の受付は再開されましたが、配送の遅れが見込まれるため、受付を停止しております。

ご注文済みのお客様におかれましては、メールでもご案内しましたように、キャンセル以外のものを3/17に発送いたしました。

【震災直前に発送済みのご注文】

1日程度の遅れが発生したもののお届けが出来ているというご報告も頂いています。しかしながら地域によってはまだ配送が完了されていない場合も予想されます。生ものですので、お届けに時間が掛かってしまった場合は、ご遠慮なくお知らせ下さい。返金や再発送を承ります。

【未発送分のご注文】

宅急便、郵便ともに大幅な遅れが見込まれるため、発送ができない状態です。メールにてご案内をさせて頂きましたように、キャンセル・返金・配送時期の変更などをご連絡を頂ければ、個別に対応をさせて頂きます。

興味津々の近所の皆さんに「はじめまして」のご挨拶。直売店の花『ぜーんぶ半額』セール中

2011年3月10日(木) by Emi AZUMA

実は、数日前から、通りかかる近所の皆さんに、ちょこっと売り始めました。いろいろ買い足しながら、だんだんお店らしくなってきましたもので。

そして今日、新しいお店の電話番号も開通しましたので、ブログにてお店の様子をご報告です(新番号は、03-3388-0866・前の番号でもしばらくは通じます)

この記事の続きを読む >>

アトリエのお引っ越し

2011年3月8日(火) by Emi AZUMA

3月1日、アトリエ兼お店物件の契約の初日。

午前中に「はなてがみ」の発送作業を済ませて郵便局から帰ってきてから、大家さんにお花のプレゼントを持って挨拶に出かけ、いそいそと荷物の大移動をしました。

この記事の続きを読む >>

【お店探しの冒険・最終話】終わりと始まり。ついに鍵を手にした店長の巻

2011年3月1日(火) by Emi AZUMA

完全に怪しいですが、けっして怪しい者ではございません!

もの欲しそうにお店の中を覗いているのは、この数週間、この物件を借りるためにがんばった、皆さまおなじみ、変わった花屋の店長です。

嬉しいことに、入居審査「OK」が出ました。はじめたばかりのネットだけの花店で、収入も微々たるものですので、心配していましたが、すぐ裏にお住まいのおばあちゃんが家主さんだそうで、お花屋さんができるのは嬉しかったそうです。やった!

この記事の続きを読む >>