メンバーページ ご利用ガイド ショッピングカート

東 英美プロフィール

あずまえみ 1980年新潟県生まれ。フローリスト

明治学院大学を卒業後、日本航空の客室乗務員として国際線に乗務。
5年間の乗務を経て、花の世界に転身するため2008年渡仏。
パリで、ヤニック・スージニエブ、金本久美よりサティフィケイト授与。
エリック・ショウバン、濱村純、斉藤由美らのレッスンを受ける。
1年間のフランスでの花留学を終え、2009年7月に帰国。
「はなささら」をスタートする。
2010年「はなてがみ」で花屋の商品として史上初のグッドデザイン賞を受賞。

花屋はサービス業だと思う

 

 

贈っているのは「花」だけではなく、相手を想う「気持ち」。

お祝いの嬉しい気持ち、言葉では言い尽くせない感謝の気持ち、
何かを失った悲しい気持ち、
お花は相手を想う気持ちにそっと寄り添って、代弁してくれる。

その気持ちを「花」にのせて、丁寧に包んで贈るのが花屋。
だから花屋は小売業じゃなくて、サービス業だと私は思っている。

花への想い

思い返してみると、心の片隅にはいつも、
花と一緒にいたいという想いがありました。

花の好きな母と叔母の影響で、
幼い頃からお花が近くにあると幸せでした。
母と公園に出かけ、そこで摘んだ花を渡されると、
私は小さな手でギュッと握り、
満面の笑みでずっと離そうとしなかったのだとか・・・。

もう少し大きくなってからも、独りで公園に遊びに出かけては花を摘み、
自分の花瓶に生けたりするのが大好きでした。

はなささらの名前は、思い入れの深い、
この「笹良(ささら)公園」からとりました。

大学卒業後、JALの客室乗務員として働きはじめ、
世界中の街の空気に触れて、各国の人々と接する毎日を送りました。
そんな忙しい生活が5年経ったころ、
フローリストへのあこがれが強かった私は、
やはり自分の人生を生きるなら花の道だと信じ、思い切って
その第一歩をフランスで踏み出すことにしました。

1年間のパリ滞在の間、現地のフローリストたちのレッスンを受けたり、
お店をいろいろ訪ね歩いた中で、
特にヤニック・スージニエイブの花に感銘を受け、
通い続けた彼の元でたくさんのことを教わりました。

ただ美しい花をつくるというだけでなく、
型にはまらない毎回斬新な作り方で、
人の心にうったえ、いつまでも忘れない印象を残す彼の作品。
私の目指したいのも人の心に残るものを作ること。

あのとき、公園で摘んだ花を早く母に見せたくて仕方がなかった。
花で人を喜ばせたいという、その気持ちはいまも変わりません。

東 英美

 

スタッフ 和田 美雪

店主 あずまの5歳年上の姉。

はなささらの経理事務担当、事務おばさん和田として育児の傍ら東と奮闘中。
インテリア好きの元建築関係勤務。 好きな花:ダリア

 

お問い合わせ

メール
mail@hanasasara.com
お電話番号もお書き添え頂けると確実にご連絡ができます。
*docomoアドレスからの返信がブロックされるケースが多いため、ブロック解除をお願いします。
ツイッター
@hanasasara

最新のブログ記事

厄年のプレゼント
11月30日(水)

10月半ば〜産休いただきます
9月13日(火)

いなかの夏休み
6月30日(木)

新体制から教科書まで
6月1日(水)

お花見のはしご
3月28日(月)

牡蠣を15コあまり(3軒目)
3月2日(水)

牡蠣を15コあまり(2軒目)
2月1日(月)

牡蠣を15コあまり(1軒目)
1月28日(木)

すべすべお肌のお正月
1月11日(月)

いろいろ思い出せない春夏秋冬
12月28日(月)