ご利用ガイド マイページ

お花を長く楽しむ方法

1.水は毎日替える、茎を切り戻す

植物の切り口からはつねに有機物が分泌されていて、これが水に溶け出しバクテリアを発生させます。バクテリアが花を腐らせる最大の原因になりますので、花瓶の水は毎日新鮮なものに取り替えてください。気温の高い夏場は、特にバクテリアの繁殖も盛んになりますので、毎日水替えをしてください。

また水に浸かった葉っぱは腐ってしまうので、器に入れる際、水に浸かりそうな部分の葉っぱは取り除いてください。

器と一緒に茎のヌルヌルを水で洗い、切り口を少し切り戻してください。常に切り口をきれいにしておけばバクテリアの発生も防げます。また茎が茶色く変色しているときは、その部分を切り、変色していない茎の所で切り戻します。また枯れた葉っぱや咲き終わった花は取り除いてください。

2.栄養剤等を使用する方法

より長持ちさせるためには、市販の切り花栄養剤や漂白剤、10円玉を入れて根腐れを防ぐという方法もあります。

栄養剤使うと毎日水替えをする必要はなくなります。ただし、決められた量よりも多く入れてしまうと、過剰な糖分が開花を早くさせてしまうことにもなりますので、適量でお使い下さい。

水が濁ってくると、バクテリアが発生している証拠ですので水替えをしてください。

3.器の水はたっぷり

植物は吸い上げた水を葉から蒸散させていますし、また水自体も器の表面から常に蒸発しています。特に葉っぱが多いお花は、意外と早く水を蒸発させますので、不足しないように水をたっぷり入れてください。

ただし茎が腐りやすいもの(ガーベラ、カラー、コスモス等)は、水を少なめにします。

4.低温の場所を選ぶ

花を長持ちさせるには、なるべく気温の低い場所に置いてください。温度の高い所では花器の水が腐りやすく、また花の呼吸が早くなるため、花持ちが悪くなります。暖房の強い部屋、日当たりの良すぎる場所は避けましょう。窓辺は日中高温になったり、昼間と夜の温度差が大きいので適していません。

5.乾燥する場所は避ける

乾燥する場所では植物から水分が奪われ、早く枯れてしまいます。なるべく湿度の高い場所を選んでください。特にエアコンの吹き出し口は要注意です。茎の細い物、花弁の薄い物などは乾燥に弱いので、エアコンの風を当てないようにしてあげてください。

【特別ケア】湯揚げの方法

バラ・ひまわり・レースフラワー・ブバリア・紅花・マーガレット・スカビオサ等のお花は、水切りだけでは十分に水が上がらない場合もございます。

受取になった時、上記の方法でも元気がない場合は、湯揚げをすることにより、改善される場合もありますので、湯揚げの方法を下に書き添えておきます。

鍋で沸騰したお湯に茎の下部2,3cmを30秒程つけてから、すばやく水に入れます。花の部分は湯気でやられないように、紙で包んであげてください。湯揚げにより、導管の空気を外へ出し、急激に冷やし圧力をかけることで水を吸い上げます。

 

お問い合わせ

メール
mail@hanasasara.com
お電話番号もお書き添え頂けると確実にご連絡ができます。
*docomoアドレスからの返信がブロックされるケースが多いため、ブロック解除をお願いします。
ツイッター
@hanasasara